我が名は はえなわ

小さなくまの 大きなユメものがたり

離れてみて 感じること

久しぶりの更新です。

臨月に入ってからというもの
PCを起ち上げる事自体が億劫になってました。

スマホ文化もいいところ
大抵のことはスマホで片付いてしまう為
より疎遠です。

なにより携帯だとかPCとかが
煩わしいとさえ感じるこの頃。

ちょっと前までは夜遅くまでPCにらめっこして仕事したり
ニュース見たり勉強したりでしたけど
便利な世の中を使いこなせないと感じたあたりから
少し拒否反応が。



「いつでもできる」
「どこでもできる」


急な調べものや、物事を覚えなくても確認できるので
大変便利だなーと日々感じてはいるんですが
馴れすぎてそれ以上の価値を見出だせないんだろうなと思います。


外に出て新しいものをインプットする時間
今はそれが制限されちゃって、
基本家にいるのが好きじゃない性分なので
まぁツマラナイです。笑


なんか身体も頭も使って、
尚且つ自分に新しい刺激になるものがないのかなーとか言ってると
結局またネット検索を使っている矛盾。


会社員として過ごしていると
何かしら自分の役割を与えられるものだけど
この数年その生活にあぐらをかいていたんだなと
思い知らされますね。

パタっとなくなった時に自分が何をしたいのか
考えておくべきでした。
(多分お金に余裕がないのもあるかもですね)




話は変わって
最近、兄こぐまとよく会話をします。

小さい頃の話、中学校での話
勉強の話や将来の話
そして普段思ってること。

日中眠くなってしまうがため
毎晩のようになかなか寝付けないのもあって
いっしょに布団に入るのは22時なのに
喋り続けて気づいたら24時を回っていることも何度か。笑


一時期、思春期もあるでしょうし
多分弟こぐまが出来たことに対して
彼なりの葛藤があったのか
仕事から帰って寝るまでの間に
ひとことふたことしか話さない時期もありました。

両親にもだいぶ心配をかけてたのは分かっていたんですが
急いで「どうして話してくれないの」と聞いた所で
何の解決にもならないしなーと
ずっと悩んでいたので
ここ最近の様子に少しホッとしています。

何より自分の小さい頃の話をしだすようになって
なんとなーく弟こぐまのことを受け入れようとして
くれてるんだろうかな
と。



振り返ってみれば
今、産休中の会社に勤めてからすごく沢山の変化があったように思います。
良かったかといえば
気付き改めさせられることが多かったかも。

会社に居た人はみんな好きでしたけど
もう戻りたいとは思いません。

あれだけ会社にいる時間が長かったのに
私は何をあそこでこだわっていたんだろうと考えると
よくわからないぐらい。


あのまま勤めてたら
いつか自分を壊していただろうなぁと思いながら
弟こぐまがお腹にきてくれたこのタイミングが
ちょうどよいタイミングだったのかもしれません。


わからないけど。笑